斜面の性能に着目した安定解析法に関する一考察 THE METHOD OLO GY ASSOCIATED WITH THE STABILITY ANALYSIS OF SLOPES BASED ON THE CONCEPT OF THE PERFORMANCE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来より, 斜面の安定解析では, その安定性の評価には安全率を規範とする手法が適用されてきた. しかし, この安全率を規準とした設計法の問題点は, 斜面の耐用年数及びコストを規準とした斜面の重要度について, 明確には評価していないことである. 本研究では, このような課題を解決する方法として, 従来の安全率規範に代わり, 機能設計の概念に基づき斜面の耐用年数・重要度を明確に評価するため, コスト次元で表現したリスクを規範とした, 斜面の設計法について提案するものである.

This paper presents the new methodology associated with the stability analysis of slopes. As for current design methods, the basic concept to determine the required factor of safety is vague. Essentially, the required safety margin to slopes should vary in accordance with the utility of each slope from socio-economical viewpoints. Therefore, this study applies the concept of performance based design to take into account the utility of slopes. The conclusions make it obvious that the methodology proposed in this study is very useful in the design of slopes.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 631, 235-243, 1999-09-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533331
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866320
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ