傾斜粘土地盤中に設置された矢板の水平抵抗に関する実験と解析 A STUDY ON LATERAL BEARING CAPACITY OF SHEET PILE IN CLAY SLOPE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

傾斜粘土地盤における杭基礎や矢板基礎の水平支持力特性を究明するため, 二次元問題として扱える矢板の室内模型載荷実験を実施した. 水平力を受ける杭や矢板の解析解は, 計算に用いる受働土圧分布が実状に近いほど精度の高い結果が得られる. 本研究では, 矢板への水平載荷実験時の模型斜面の挙動を基に, 矢板前面地盤の塑性化特性を検討し, 極限解析法の上界定理に基づく計算法を用い, 塑性化領域の極限地盤反力を検討した. さらに, この検討結果を用いて, 複合地盤反力法により矢板本体の荷重と変位の関係を解析した. この解析結果は実験結果とよい一致を示した.

To study the lateral bearing capacity of piles and sheet piles in clay slope, laboratory tests were carried out to investigate the influence of slopes on the lateral resistance of sheet piles as well as failure mechanism of the slopes. On the basis of the experimental results, the passive resistance of slope was calculated by using the upper bound theorem. In addition, the deformation of the sheet pile was calculated considering the elastic and plastic sabgrade reaction of the deforming ground. From the comparison of calculations and experimental results, it can be concluded that the present analysis method is useful in predicting the lateral bearing capacity of the sheet piles in the sloped clay ground.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 631, 257-272, 1999-09-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533364
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866328
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ