密な砂地盤における長方形基礎の支持力特性の分岐理論による考察 BIFURACATION PHENOMENA UNDERLYING THE BEARING CAPACITY OF RECTANGULAR FOOTINGS ON DENSE SAND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

基礎の支持力問題や斜面の安定問題といった地盤工学の応用分野では, その簡便性や信頼性から, 極限解析に基づく算定式が古くから用いられてきた. しかし近年, より合理的な評価のためには, 進行性破壊や分岐の考慮が必要であるとの認識が広まりつつある. 本論文は, 遠心載荷実験を行うことにより基礎の支持力特性を求め, そのメカニズムを分岐理論により明らかにするものである. 基礎の支持力特性の3次元効果について考察すると共に, 漸近的分岐理論の手法を用いて, 荷重-変位曲線をもとに分岐現象の介在を検証し, 基礎形状などによる強度や破壊モードの変動が分岐現象として説明可能であることを示す.

In the practical problem of the geotechnical engineering, such as the bearing behavior of footings, formulae based on the critical state analysis have been generally used, because of the easiness and reliability. However, for the sake of more rational estimates, it has become extensively recognized that bifurcation need to be taken into account. This paper investigates not only three-dimensional effects but the bifurcation phenomena in the bearing behavior of rectangular footings. The asymptotic bifurcation theory is applied to a load versus displacement curve from an experiment, and the bifurcation behavior associated with the variations of strength and failure modes is revealed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 631, 283-294, 1999-09-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533407
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866345
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ