重錘の回転落下による砂地盤の締固め効果 DENSIFICATION OF SANDY GROUND BY DYNAMIC COMPACTION WITH ROTATIONAL HAMMER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

著者らは, 重錘に回転を与えて落下させることにより, 落下エネルギーに加えて回転エネルギーも利用することによって, より効率的に砂地盤の締固め改良を図る工法を提案している. 本報告では, 室内の小型模型実験と現地での比較的規模の大きい試験を行って, 重錘に回転を与えた場合と与えない場合の砂地盤の締固め効果に関する比較を行った. 落下試験前後のコーン貫入抵抗値の変化によって締固め効果を比較したところ, 回転を与えた方が抵抗値の増分が大きくなる傾向が得られた. また, 地盤の沈下量についても回転落下の方が大きくなる結果が得られたことなどから, 重錘に与えられた回転エネルギーが砂地盤の締固めに対して有効に作用していることが示された.

The authors have proposed a new dynamic compaction technique making use of not only free fall energy but also rotational energy of the hammer for the purpose of the advancement of the densification of the granular soil ground. In this study, the small scale model tests and the large scale field tests to simulate the usual dynamic compaction method (DCM) and the dynamic compaction method with rotational hammer (RDCM) were conducted. From the test results, it is verified that the increments of the cone penetration resistance by RDCM are generally larger and the settlement of the ground surface by RDCM is larger than DCM.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 631, 459-468, 1999-09-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533673
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866561
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ