異形断面シールドトンネルの覆工設計と地盤計測解析 DESIGN OF LINNING, FIELD OBSERVATION AND FEM ANALYSIS FOR NON-CIRCULAR SHIELD TUNNEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 官民境界と基礎杭によりトンネル幅方向に制約を受けることから採用した異形断面シールドの覆工の設計の考え方, 現場計測結果および周辺地盤への影響に対する予測解析法について報告する. 現場計測では, 作用荷重や周辺地盤の変形などに興味ある結果が得られるとともに, 設計についても今後円形トンネルも含め, シールド工事を行う上での貴重な知見が得られた.

This report presents a concept for the design of lining of a non-circular shield tunnel, which is an approach adopted to deal with restrictions in the tunnel width imposed by a land boundary and by foundation piles. This report also presents the results of field observations, and a method of analysis to forecast its effects on surrounding ground. From the field observations, interesting results concerning the load and deformation of the surrounding ground were obtained along with desingn related knowledge of use in future shield tunnels including that for circular tunnels.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 631, 469-479, 1999-09-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533686
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866567
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ