堆積軟岩地域の大規模円形山留め壁挙動に関する考察 A STUDY ON THE BEHAVIOR OF LARGE-SCALE CYLINDRICAL DIAPHRAGM-WALL IN SEDIMENTARY SOFT ROCK AREA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

愛知県知多市緑浜町に, 容量20万KLと世界最大級のLNG地下タンクの建設を進めている. 建設地点は第三紀堆積軟岩 (常滑層群) 地盤の埋立て地であり, 円形山留めである高強度地中連続壁を構築後, 内部を掘削し, LNG地下タンク本体を建設するものである. 内部掘削工事の進行に伴い, 円形山留めに北東-南西方向に押された形のオーバル変形が観測された. 同様の現象は, 隣接地点の円形山留め掘削時にも観測されている. 当該地区地盤の特徴であると考えられるこの現象に対し地質学的検討を加えた結果, 地殻応力に由来する初期地圧の異方性力源因と考えられた. 今後の山留め設計・工事へ反映させるため, 偏圧の作用方向推定手段の提案等, 今まで明らかになったことに考察を加えまとめた.

One of the world largest in-ground LNG tanks with the capacity of 200, 000KL is being constructed in Midorihama-cho, Chita City, Aichi Prefecture. The construction site is a reclaimed area underlain by the sedimentary soft rocks (Tokoname Group) of the Tertiary age. With the progress of the soil excavation inside the diaphragm-wall, an oval deformation with NE-SW compression was observed in the diaphragm-wall. From the geological study, it is concluded that the deformation was induced by the anisotropy o f the intrinsic regional stress field. To reflect on the design and construction of diaphragm-walls hereafter, the new findings, such as the method to estimate the direction of an eccentric soil pressure, are described in this paper.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 630, 1-10, 1999-09-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533736
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866050
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ