寒冷地における防食塗装の耐久性に関する研究 DURABILITY OF ANTI-CORROSIVE COATINGS IN COLD REGIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 寒冷地における防食塗装技術の確立に向けて, 鋼道路橋塗装便覧の塗装仕様に加えて氷海用塗料や新たに試作した寒冷地用重防食塗料などの超厚膜型塗装系の性能を暴露試験と実橋試験に基づいて評価した. 暴露試験10年, 実橋試験8年の結果から, 寒冷地用重防食塗装系としては, ジンクリッチベイントを下塗とし, エポキシ+ボリウレタンまたはふっ素樹脂塗料を適用した塗装系が防食性に優れていること, 超厚膜型塗装系も耐候性に優れた上塗り塗料を適用すれば重防食塗装系として期待できること, およびフタル酸, 塩化ゴム系塗料は, 早期に割れ, はがれ等が発生し, 寒冷地用塗料として不適であることなどが明らかになった.

In order to establish anti-corrosive coating technologies in cold regions, exposure tests and actual bridge tests on performance not only of coating systems specified in steel bridge coating manuals, but also of ultra-thick film coating systems, including coatings for frozen sea and heavy-duty anti-corrosive paints developed for cold regions, were conducted. The results of 10-year exposure tests and 8-year actual bridge tests showed that a coating system in which zinc-rich paints were used as primer and epoxy+polyurethane or fluorine-contained resins were applied had excellent corrosion resistance; the ultra-thick film coating systems, if top coats with excellent weather resistance were applied, is promising as a heavy-duty anti-corrosive coating system; and phthalic and chlorinated rubber paints were unsuited for cold regions because clacking and peeling occurred at early age.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 630, 11-25, 1999-09-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533745
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866063
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ