GPSとレーザーレベルを用いた空港沈下測量システムに関する研究 A NEW LEVEL MEASUREMENT SYSTEM OF SETTLEMENT AT AIRPORTS USING RTK-GPS AND LASER LEVEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

海上埋立空港の沈下測量は航空機の安全運航や舗装施設の維持管理のために重要な作業である. しかしながら, 現状の測量作業においては, オートレベルやトータルステーションを用いて空港外の安定した水準点からもりかえ作業を繰り返しながら測量しているために時間を要するなどの課題がある. GPSは直接測点の位置と高さを求めることができるため, もりかえ作業が不要になり測量時間の短縮と省力化が可能である. しかし, GPSによるリアルタイム測量の結果は大きく変動しているため, 沈下測量に必要な精度を得るためには静止して長時間測量を行い平均する必要がある. 本研究ではこの課題を解決し測量作業の効率化を図ることを目的にGPSとレーザーレベルと組み合わせ, 移動しながら正確な高さ情報が得られる新たな空港沈下測量システムを開発した.

Recent airports are inevitably constructed on deep water areas or reclaimed land over very weak grounds as seen in the Kansai International Airport and the Tokyo International Airport.This is why countermeasures for ground subsidence have become an important issue. The level measurement is important for ensuring safe aircraft operations and maintaining airport facilities, as can be seen at the Tokyo International Airport. But the current surveys are conducted using levels and total stations. It is difficult to improve work efficiencies using this method. That is why the development of efficient measuring instruments has been required. We developed a new height measurement system combining RTK-GPS and laser level, and demonstrated the accuracy and efficiency of its potential application.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 630, 55-64, 1999-09-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533799
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866111
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ