BATシステムによる現場透水試験法の砂質地盤への拡張に関する研究 APPLICATION OF BAT IN-SITU PERMEABILITY TEST SYSTEM TO SANDY GROUND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

砂質土の透水係数を求める方法の一つである単孔式透水試験において, 近年, 建設工事の多様化に伴い, その適用深度, 試験時間, 泥水処理等が問題になる場合が多い. これらの問題を生じ難い現場透水試験法としてBATシステム (スウェーデンのB. A. Torstensson が開発したシステム) があるが, 現状では装置自体の損失水頭の影響で粘性土にしか適用できない. 本研究では, BATシステムによる現場透水試験法を中間土~砂質土へ拡張するため, この損失水頭の大きさが装置内を流れる水の流速に関係することに着目し, それを最小限にするために装置自体の改良を行い, 補正方法を開発した.

Conventionally, in-situ permeability test by single-hole is employed to obtain the coefficient of permeability for sandy ground. However, it becomes difficult to apply this conventional method due to the complication of present construction projects, such as very deep location, short testing time afforded and use of mud drilling. Although only to clayey ground because of head loss in the system, BAT system, developed by B. A. Torstenssen, Sweden, can be basically applied to overcome these limitations presently. In this study, we improved BAT system and developed how to minimize the head loss on the basis of the fact that head loss is closely related to the velocity of groundwater flow inside the system in order to apply BAT system to sandy ground.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 630, 65-75, 1999-09-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533810
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866129
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ