斜面安定性評価モデルの精度比較とその実用化への提案 COMPARISON OF THE ACCURACY OF THE SLOPE STABILITY EVALUATION MODELS AND ITS PRACTICAL APPLICATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 広域にわたる斜面の崩壊危険箇所の評価支援を目的として, 複数の斜面安定性評価モデルから得られる評価精度を比較し, モデルを活用する上での戦略を提案したものである. 斜面安定性評価モデルとして, (1) SSEモデル (数量化II類), (2) ベイジアンモデル, (3) ファジーセットモデル, (4) 確信度モデルといった4つの代表的な手法を取り上げた. これらのモデルでは, 衛星データと各種地理情報を併用し, 崩壊発生箇所をトレーニングデータとして広域にわたる危険箇所を推定する. 斜面安定性評価図の一対比較戦略を通して, ファジーセットモデルとSSEモデルが有用であることが判った. さらに, この2つのモデルから作成される斜面安定性評価図の違いを抽出した「差画像」を提示し, この差画像とその解釈の方法が斜面崩壊防止計画等への支援手段として有用となることを示した.

The objective of this study is to propose a strategy for the application of the slope stability evaluation models for risk prevention plans. One of the difficulties is to interpret the prediction results derived from "different models". In this contribution, four prediction models were considered: (1) a Bayesian probability model, (2) a Certainty factor model, (3) a Fuzzy set theory mode, and (4) a SSE model based on the quantification method of Type-II. As the results, it is indicated that: (a) the "SSE model" and "Fuzzy set theory model" are particularly effective for evaluating the hazardous area in the study area; and (b) as a final product, "Risky-side" and "Safe-side" assessment sub-areas are delineated from the difference map (termed "DIF-map") made by those selected two models.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 630, 77-89, 1999-09-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  11件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002533824
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4866146
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ