水素還元したTiO_2高温酸化皮膜の光電位の溶液pH依存性 Solution-pH Dependence of Photo-Potential for Hydrogen-Reduced TiO_2 Film Formed by High Temperature Oxidation

この論文をさがす

著者

    • 原 基 HARA Motoi
    • 秋田大学工学資源学部材料工学科 Department of Materials Science and Technology, Faculty of Engineering and Resource Science, Akita University

収録刊行物

  • 日本金屬學會誌  

    日本金屬學會誌 62(12), 1123-1131, 1998-12-20 

    日本金属学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002548134
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00062446
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214876
  • NDL 記事登録ID
    971315
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-314
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ