SM400鋼切欠材の第二ステージ初期疲労破面形態に及ぼす平均応力ならびに切欠き半径の影響 Effect of Mean Stress and Notch Radius on Fatigue Fractured Surface in the Early Second Stage in Notched SM400 Steel Specimen

この論文をさがす

著者

    • 秋山 哲也 AKIYAMA Tetsuya
    • 九州工業大学工学部物質工学科 Department of Materials Science and Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology
    • 木下 正吉 KINOSHITA Masayoshi
    • 九州工業大学工学部物質工学科, 九州工業大学大学院 Department of Materials Science and Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology, Graduate Student, Kyushu Institute of Technology
    • 寺崎 俊夫 TERASAKI Toshio
    • 九州工業大学工学部物質工学科 Department of Materials Science and Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu Institute of Technology

収録刊行物

  • 日本金屬學會誌  

    日本金屬學會誌 62(12), 1143-1150, 1998-12-20 

    日本金属学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002548191
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00062446
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214876
  • NDL 記事登録ID
    971523
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-314
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ