軸受鋼の検鏡一極値統計法による推定介在物粒径と回転曲げ疲労試験で検出した介在物粒径の関係 Relation between estimation with in-plane micrograph-statistics of extreme values and measured data in rotating bending fatigue test in three dimentional inclusion size distribution of bearing steel

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting  

    材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 9(6), 783, 1996-09-28 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002551326
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10056461
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09146628
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ