2091-T8アルミニウム合金板材の疲労き裂伝播挙動に及ぼす70℃保持の影響 Influence of retention time at about 70℃ on the fatigue crack propagation behavior for 2091-T8 aluminum alloy sheets

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 大会講演概要

    大会講演概要 91, 119-120, 1996-11

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • <no title>

    伊藤吾郎

    軽金属学会第88回春期大会講演概要 267, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    坂本敏正

    軽金属 46, 344, 1996

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002557453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10268641
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ