ペプチド超集合体の形成 Peptide Supramolecules

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

組織的な集合体を形成することにより,構成分子には見られなかった新しい機能を発現する分子システムが,メゾスコピック材料等の開発につながるものと期待されている.ここでは,数百ナノメートル以下のサイズの超薄膜を含むペプチド分子集合体について,溶液中,空気/水界面,基板上,脂質膜中に分類して,最近の研究を紹介する.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 46(5), 319-322, 1997-05 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002559980
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4205525
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ