ポリイミドの現状と将来展望 Present Situation and Future Prospect of Polyimide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クトロニクスが驚異的発展を続ける中で,電子機器の小型・軽量化,多機能・高信頼性向上,低コスト化がますます要求され,電気・電子分野での応用を中心にポリイミドの市場が拡大している. 本稿では, ポリイミドの合成, 用途などの現状と開発動向を紹介し, 今後の展望にふれる.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 46(8), 566-569, 1997-08-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  58件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002560686
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4267663
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ