生長末端の変換と制御 ドーマント種への変換による重合反応制御 Precision Control of Polymerization via″Dormant″Species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

それ自身では生長活性はないが,触媒などにより生長活性種を生成する化学種をドーマント種と呼ぶ.不安定な生長末端をドーマント種へと可逆的に変換すると,従来制御が困難であった種々の付加重合が精密に制御され,リビング重合が実現する.本稿では,この原理に基づく精密重合の例を概観し,ドーマント種への変換と重合制御との関係を議論する.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 47(2), 78-81, 1998-02-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002561834
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4392478
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ