コラーゲン -分子集合とその応用- Collagen -Molecular Assemble and its Application-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生体の細胞外マトリックスを構成する成分であるコラーゲンは,天然の生分解性物質であり,その変性物であるゼラチンは古くから食品としても摂取されてきた.タンパク質としてのコラーゲンの特徴は,形態および性質がさまざまに変化することである,変性状態では,低温で透明なゲルとなる.一方,3本らせんを巻いた棒状分子である未変性コラーゲンは中性低温では粘稠で透明な溶液であるが,生理的な温度まで暖めると,生体でみられるものと同様な周期のバンドをもった線維が形成される.コラーゲンの応用は,もともと生体由来タンパク質であることから食品のみならず,化粧品,医療材料などに広がっている.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 47(6), 394-397, 1998-06-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002562661
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4475135
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ