素材としてのDNA -生医学分野での利用を中心に- DNA as Functional Materials -Utilization in Biomedical Field-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

遺伝子としてのDNAの研究が飛躍的に進み,遺伝子工学や分子生物学の分野は今も日進月歩の時代が続いている.一方で,最近,DNAを,天然に多量に存在し,さまざまな物質と特徴的な相互作用をする機能性高分子素材としてとらえる研究が盛んになってきた.本稿ではそのような最近の傾向を,特に生医学分野における利用を中心に紹介したい.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 47(6), 398-401, 1998-06-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002562696
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4475136
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ