フォトクロミック分子材料 -光メモリへの応用- Photochromic Materials for Optical Memory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有機色素を記録媒体とする光メモリ(CD-R)が,ようやく立ち上がり始めている.それに続く期待される書き替え可能光メモリのための有機フォトクロミック光メモリ媒体の開発状況と,将来の超高密度光メモリの本命と目されている近接場光メモリの研究現状を紹介する.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 47(7), 449-452, 1998-07 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002563047
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4506015
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ