エレクトロレオロジーの最近の進歩 Recent Progress in Electro-Rheology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

粒子分散系,高分子混合系,および,液晶性高分子系流体におけるエレクトロレオロジー(ER)効果を紹介する.これらの流体におけるER効果の発現には,外部電場,および,せん断場の変調による流体の内部構造変化が密接に関係すると考えられている.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 47(8), 542-545, 1998-08 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002563298
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4535529
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ