フラクタル次元による高分子の断面形状解析 Polymer Cross-section Analysis by Fractal Dimension

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

フラクタル幾何学とカオス理論が共に乱流という自然の流れの観察から生まれたことを簡単に述べた後,フラクタル次元のうち,不規則な図形の数値化に有用なボックス・カウンティング次元の重要性と問題点を指摘する. トレマフラクタルと多孔性高分子膜断面への適用,測定および物性値との関連について紹介し,断面以外の形の測定結果も引用する.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 48(2), 74-77, 1999-02 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002564375
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4642365
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ