分子レベルでの有機・無機ポリマー複合体 Organic-Inorganic Polymer Hybrids at Molecular Level

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

分子レベルでの有機・無機ポリマー複合体という新しい材料について,その調製の原理,方法,材料として期待される可能性を概説する.その合成の基本原理は水素結合やπ-π電子相互作用などであり,このことは一般的に多種類の有機ポリマーに適用可能であることを示している.このような分子複合材料は次世代の新規材料として期待されている.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 48(4), 244-247, 1999-04 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002564749
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4691755
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ