刺激応答性ゲル -10年間の研究動向- Stimuli-Responsive Gels -Trends in Researches for Past Decade-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

各種の刺激によって形とサイズが変わる刺激応答性ゲルに関して,過去10年間の研究動向をコンピュータ検索によりレビューし,ゲルの設計・構築法に共通する基本概念の抽出を試みる.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 48(6), 404-407, 1999-06 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002565218
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    4739237
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ