近世出土漆器資料の保存処理に関する問題点・III -文献史料からみた赤色系漆に使用する朱の製法について- Problem in Conservation Treatment for Excavated Urushi Objects of the Edo Period(III) -Techniques for Producing Synthetic Pigment Shu(Vermilion)Contained in Red Colored Urushi Objects-

この論文をさがす

著者

    • 北野 信彦 KITANO Nobuhiko
    • (財)元興寺文化財研究所 保存科学センター Center for Conservation Science, Gangoji Institute for Research of Cultural Property

収録刊行物

  • 文化財保存修復学会誌 : 古文化財之科学  

    文化財保存修復学会誌 : 古文化財之科学 41, 88-100, 1997-03 

    文化財保存修復学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002570620
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10545752
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13420240
  • NDL 記事登録ID
    4341921
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z11-1028
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ