丸棒の中心軸と探触子の回転中心軸とのずれに伴う垂直探傷におけるきずエコー高さの変化 Flaw Echo Heigth Variation Caused by Discrepancy Between Central Axis of Round Bar and Rotation Axis of Ultrasonic Probe in Normal Beam Testing

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 大会講演概要集  

    大会講演概要集 1999(1), 179-180, 1999-05-26 

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002582249
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11592632
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ