紀淡海峡の中央構造線周辺の地質構造発達史 -大阪層群の反射面の類似性に基づく一試論- Development history of geological structure around the Median Tectonic Line of the Kitan Strait -Inference based on similarity of seismic reflection pattern of the Osaka Group-

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan  

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1998(2), 1998-10-09 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002586025
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ