1998年7月17日パプアニューギニア地震(Ms7.1)の遠地実体波による震源過程 Source rupture process of the Papua New Guinea earthquake of July 17, 1998 inferred from teleseismic bodywaves

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan  

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1998(2), 1998-10-09 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002586148
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ