2. 吸収端近傍のX線を使って─(1)吸収端を利用すると何がわかるか─ 動力学回折からのアプローチ Approach from X-ray Dynamical Diffraction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

By tuning the X-ray energy from synchrotron radiation very close to an absorption edge of a consituent atom in a crystal, it is possible to induce the X-ray resonant scattering as much as the normal scattering. Based on the latest dynamical theory for absorbing crystals, the diffraction from a perfect crystal is described.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 39(1), 5-11, 1997-02-28 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002589004
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    4159557
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ