2. 吸収端近傍のX線を使って─(2)特定の元素に着目して─ 局所構造の方向依存性を捉える Investigations of Angular Dependence of Local Structures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Owing to linearly polarized nature of synchrotron radiations, X-ray absorption spectroscopy allows us to investigate anisotropic local structures and vibrations. The determination of surface structures of molecularly chemisorbed SO<SUB>2</SUB> on Pd (100) and Ni (100) is briefly reviewed as a suitable demonstration of the technique. Anisotropic vibrations of the surface S-Ni bonds in S/Ni (110) - c (2×2) are also discussed.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 39(1), 26-30, 1997-02-28 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002589071
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    4159562
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ