2. 吸収端近傍のX線を使って─(2)特定の元素に着目して─ 価数の差をX線回折でみる Valence Difference Detected by X-Ray Anomalous Scattering.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Diffraction and scattering experiments at x-ray wavelengths close to an absorption edge has made it possible to distinguish even different valence states. Anomalous scattering factors derived from the XANES absorption data and the chemical shift show that the difference between <I>f</I>' (Fe<SUP>2+</SUP>) and <I>f</I>' (Fe<SUP>3+</SUP>) reaches up to 2.5. Here we demonstrate the possibility of va-lence-difference contrast methods.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 39(1), 37-44, 1997-02-28 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002589091
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    4159564
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ