水素結合物質におけるポテンシャルと同位体効果 Potential and Isotope Effects in Hydrogen-Bonded Crystal

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The present status of our understanding of the mechanism of the phase transition from a ferroelectric phase (or an antiferroelectric phase) to a paraelectric phase in hydrogen bonded crystals is reviewed. Discussions are focused on the isotope effects on the phase transition temperature and hydrogen bond lengths. The mechanism of proton transfer is also discussed.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 40(1), 63-69, 1998-02-28 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002590316
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    4446288
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ