結晶学の原点を読む(2) リートベルト法はどのようにして生まれたか Rietveld's Invention : The Advent of his Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

入門講座「結晶学の原点を読む」の第2回目は, リートベルト法です.粉末回折法で構造を決定する非常に有力な手段であるリートベルト法は, 現在非常に多くの利用者がおり, 結晶学の分野では欠かせない解析法となっています.この方法の原理は非常に簡単であり, 測定された粉末回折の強度データのパターンと構造モデルから計算された強度のパターンが一致するように最小自乗法でパラメーターを求めるだけです.このように簡単な原理からなっているにもかかわらず, 計算機のプログラムは非常に複雑で多岐に渡っており, 使用している方々のほとんどにとってそのプログラムの中身はまったくブラックボックスであり, かつ出力された結果に対する吟味もどのようにしたら良いかあまりわからず使っている感があります.また, リートベルト自身によるさまざまな物質への適用例は施設報告が多く手に入りにくいものです.そのような中には, 現在の単結晶の実験からみて明らかに間違った結果を出している例も見られます.これも, 当時の技術力と言うよりは, 相転移のような微妙な構造変化の問題を取扱う時, リートベルト法は非常に注意が必要であると言う今日的な問題です.これら, 粉末回折でのリートベルト法の有利な点や適用範囲は何か, また, リートベルト自身がどのような問題点や注意点がこの方法にあると考えていたのかを原著論文で見ることは大変意義があると言えます.今回は, J. Appl. Cryst.に投稿されたリートベルト法の原点とも言える論文を易しく解説していただきます.

Why H. M. Rietveld invented his famous method? What he intended? This article gives the historical view and reviews the Rietveld's original report which is still the most important one among all in the field of the Rietveld method.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 40(5), 301-307, 1998-10-28 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002590930
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    4596257
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ