結晶学の原点を読む(4)結晶構造解析における直接位相決定法-直接法 Direct (Phase Determination) Method in X-ray Crystal Structure Determination Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

入門講座「結晶学の原点を読む」の第4回目は, 直接法の原点となったD.Sayreの論文を取り上げました.結晶構造解析は, ごく限られた専門家達の研究対象かつ独占的道具でした.それが, 物質研究者すべてに便利な道具として認知され, また必須な手法となったのは, 測定法の進歩 (自動回折計の出現) ・大規模計算の可能化 (コンピュータの進歩) を挙げることができますが, まず何よりも大きなブレークスルーは「位相問題」が解決したことと言えましょう.我々が測定できる結晶面からの散乱強度の情報は, その絶対値だけで位相の情報が顕には含まれていません.多くの結晶面からの散乱強度を数学的に処理し, 不等式関係を持ち込むことにより位相の情報を得ていく方法は, 直接法として知られています.直接法確立へ大きな貢献をした, J.KarleとH.Haupmannに対し, 1985年ノーベル化学賞が授与されています.しかし位相問題の解決は決してこのお二人だけの業績ではなく, 何人もの結晶学者の研究の積み重ねの上に成り立つものと言えましょう.この欄では, 単純平易な発想から利用頻度の高い位相関係式を導いたSayreの論文を基に, 直接法の基礎も含めて解説していただきます.

An introduction to the direct (phase determination) method in the X-ray crystal structure determination with a review of the early stage of the development of the method, especially the Sayre's equation [D. Sayre, Acta Crystallogr., 5, 60-65 (1952) .] is described.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 41(2), 105-111, 1999-04-28 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002591564
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    4732007
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ