Two Possible Pathways of Formation of Pristane and Phytane from Chlorophylls on Diagenesis : Carbon Isotopic Results form Laboratory Heating of Chlorophyll-a

この論文をさがす

著者

    • YAMADA Keita
    • Department of Chemistry, Faculty of Science, Tokyo Metropolitan University

収録刊行物

  • Chemistry letters  

    Chemistry letters 1997(4), 355-356, 1997-04 

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002611138
  • NII書誌ID(NCID)
    AA00603318
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03667022
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ