Continuous Spectroscopic and Redox Tuning of Dinuclear Compounds : Chlorotetrakis(μ-N-N'-diarylformamidinato)diruthenium(II, III)^1

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The color of the Ru<SUB>2</SUB>(μ-N,N′-diarylformamidinato)<SUB>4</SUB>Cl series displays a dramatic red-shift as the electron-withdrawing power of aryl-substituent is increased.

収録刊行物

  • Chemistry letters  

    Chemistry letters 1997(8), 753-754, 1997-08 

    The Chemical Society of Japan

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002613794
  • NII書誌ID(NCID)
    AA00603318
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03667022
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ