侵入生物の在来生物相への影響 -セイヨウオオマルハナバチは日本在来マルハナバチの遺伝子組成を汚染するか? - Influences of Invasive Species on Native Species -Will the European Bumble Bee, Bombus terrestris, Bring Genetic Pollution into the Japanese Native Species? -

この論文をさがす

著者

    • 五箇 公一 GOKA Koichi
    • 国立環境研究所地域環境研究グループ Regional Environment Division, National Institute for Environmental Studies

収録刊行物

  • 日本生物地理学会会報  

    日本生物地理学会会報 53(2), 91-101, 1998-12-01 

    日本生物地理学会

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  13件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002623166
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193863
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    00678716
  • NDL 記事登録ID
    4628535
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-42
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ