大山火山灰層の帯磁率特性とテフラ層序へのその応用 Magnetic Susceptibility of the Daisen Tephra Formation in West Japan and its App1icabi1ity to Tephrostratigraphy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

テフラ層の対比への応用を目的として,鳥取県の大山周辺に分布するテフラ層と褐色ローム層の帯磁率を大山北麓~東麓の7地点で測定した.測定の結果,露頭が互いに離れているにもかかわらず,対比可能なテフラの帯磁率の測定値は狭い範囲内におさまることがわかった.また,それぞれのテフラ層の帯磁率は特徴的な垂直変化パターンをもつ.これらのことは,テフラ層間および層相変化がないため,肉眼で認識できないテフラ層内部の層準間について,精密対比を行う際に有効な手段となる.さらに褐色ローム層中で帯磁率が大きなピークを示した層準に沿って精査を行った結果,そこに,一見したところ見落としがちな不明瞭な粗粒火山灰サイズのテフラの降下層準を特定することができた.以上のように,テフラ層や褐色ローム層の露頭垂直断面に沿って測定して得た帯磁率プロファイルは,テフラ層序およびテフロクロノロジーへ応用できる大きな可能性をもっている.

Magnetic susceptibility of tephra and brown-soil beds distributed at the foot of Mt. Daisen was measured at seven sites to examine its applicability to correlate tephra beds. The measurements show that the susceptibility values of each correlatable tephra bed are within a narrow range, regardless of the site. Each tephra bed has a characteristic pattern of vertical susceptibility change, which is useful for detailed correlation between tephra beds, and also between invisible horizons within the tephra beds of almost homogeneous lithofacies. In brown-soil beds, visually indistinct horizons of volcanic-sand-type tephra fall could be identified at the remarkable peaks of susceptibility, by tracing the peaks horizontally. Magnetic susceptibility profiles measured along vertical sections of tephra and brown-soil beds have a high potential of application to tephrostratigraphy and tephrochronology.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 34(2), 65-73, 1995-05-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002632482
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3624212
  • NDL 刊行物分類
    ME61(地質・地史)
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ