氷河・氷床コアの年代決定 Dating of Glacier and Ice Sheet Cores

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

氷河や氷床の涵養域では,雪とともにさまざまな起源を有する物質が年々堆積している.また雪が氷になる過程では,大気が気泡として取り込まれている.このように,氷河あるいは氷床から掘削により取り出したコアは,過去10<sup>0</sup>~10<sup>5</sup>年の気候や環境変動のタイムカプセルといえ,第四紀研究における分解能のよい情報を提供することになる.雪氷コアの解釈の上で重要なことは,コア年代の合理的な決定である.本論では,季節変化シグナルによる方法,年代示準シグナルによる方法,放射性同位体による絶対年代の決定法,氷の流動モデルによる方法を紹介する.

Snow-ice cores obtained from ice sheets and glaciers include gases and materials of various origins and provide information on climate and environment in the past 10<sup>0</sup>-10<sup>5</sup> years. Dating of the cores is essential for snow-ice core climate study. In this paper, dating of snowice cores is reviewed following four methods: by counting seasonal signals, detecting marker horizon, radioactive isotope analisis and ice flow modeling.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 34(3), 151-156, 1995-08-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002632778
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3624176
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ