^<14>Cキャリブレーション年代域の拡大 Extension of Radiocarbon Calibration Curve

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<sup>14</sup>Cキャリブレーションの最終氷期への拡大は,最終氷期-後氷期の地球規模の環境変動を理解するうえで,またおのおのの年代測定方法に及ぼす要因を検討するうえで重要である.過去9,200年間については,樹木年輪の<sup>14</sup>C濃度の経年変化から<sup>14</sup>Cキャリブレーションが明らかにされている(例えば,Stuiver <i>et al</i>., 1986).最近,サンゴ化石のウラン系列年代と<sup>14</sup>C年代の比較,また年縞堆積物に含まれている陸上生物遺体の<sup>14</sup>C年代測定から,<sup>14</sup>Cキャリブレーションの年代域の拡大を目的とした研究が進行している.しかし,これらの異なる方法を用いて推定された<sup>14</sup>Cキャリブレーションは一致していない.サンゴ化石のウラン系列年代と<sup>14</sup>C年代の比較にもとづいて作成されてきた最終氷期の<sup>14</sup>C年代-暦年代変換プログラム(Stuiver and Reimer, 1993)は暫定的な要素があり,他の方法で推定された<sup>14</sup>Cキャリブレーションを加味して再考する必要性(<i>ca</i>. 10,500yrs cal BP以降)があると考えられる.

Coupled U-Th and <sup>14</sup>C measurements on coral samples provided very promising results to extend the radiocarbon calibration curve back to 18, 000 BP (Bard <i>et al</i>., 1993). Based on these results, a radiocarbon calibration curve (and program) has recently been presented (Stuiver and Reimer, 1993) and is now widely used by Quaternary geologist. However, before ca., 12, 500y cal BP, the AMS-<sup>14</sup>C dates obtained from terrestrial macrofossils from the Swedish glacial varved clays (Björck <i>et al</i>., 1992; Wohlfarth <i>et al</i>., 1993) and from sediments in Lake Soppensee, Switzerland and Lake Holzmmar, Germany (Hajdas, 1993; Hajdas <i>et al</i>., 1993) and in Lake Suigetsu, Japan (Kitagawa <i>et al</i>., 1995) do not support on the radiocarbon calibration curve based on <sup>230</sup>Th/<sup>234</sup>U and <sup>14</sup>C measurements on corals. This discrepancy of the radiocarbon calibration curve from two different approaches suggests that the use of the radiocarbon calibration program during the last glacial period is too premature at present stage and the radiocarbon and U-Th dating methods must be examined in detail.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 34(3), 185-190, 1995-08-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002632925
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3624179
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ