^<14>C年代の補正と高精度化のための手法 Refinement of Radiocarbon Dates for Higher Precision and Accuracy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

正確で高精度な<sup>14</sup>C年代を求めるために,年代値の補正は不可欠な手続きである.基本的な補正項目である海水および大気のリザーバ効果,同位体選別,大気<sup>14</sup>C濃度の経年変化についての補正は<sup>14</sup>C年代測定の一部として普遍的に実施される.同位体選別の補正は,質量分析計を用いて年代測定と同時にδ<sup>13</sup>C測定を行う必要がある.これ以外の補正は既存のデータをもとにパーソナルコンピュータ用に開発されたプログラムで行うことが可能である.目的に応じた精度をもつ正確な年代を得るためには,これらの補正の内容を理解して高精度年代測定の戦略をたてることが必要である.

Correction and calibration of radiocarbon dates are indispensable procedures for accurate and precise age estimation. The most significant factors for correction and calibration are reservoir effect, isotopic fractionation, and secular variation in atmospheric <sup>14</sup>C concentration. The correction of the reservoir effect is enabled by carbon-cycle modeling or by dating preatomic age marine samples of known age. The effect of isotopic fractionation ranges from 0 to -50 permill δ<sup>13</sup>C or up to 400 <sup>14</sup>C years. This effect is easily corrected through δ<sup>13</sup>C measurement using a mass spectorometer. Accumulated <sup>14</sup>C dates of dendrochronologically dated tree ring samples made it possible to calibrate the deviation caused by <sup>14</sup>C concentration variation. Now versatile correction and calibration programs for personal computers are available. High precision <sup>14</sup>C dating will be meaningful through understanding all calibration and correction methods.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 34(3), 191-194, 1995-08-31 

    日本第四紀学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002632957
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3624180
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ