電子スピン共鳴(ESR)年代測定法の現状と問題点 Present Status and Problems of Electron Spin Resonance(ESR) Dating

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

電子スピン共鳴(ESR)年代測定法は,自然放射線の作用による欠陥の蓄積をマイクロ波吸収により観測し,年代を求める方法である.この年代測定法は,広く第四紀をカバーでき,年代測定の対象となる試料が多い一方で,年代を算出する過程がルーティンになりにくいために,手法の標準化が遅れ,測定結果が信頼を得にくいという問題があった.しかしここ数年間に,総被爆線量や外部放射線量を推定する方法が改良され,手法の標準化も試みられて,ESR年代の客観的な評価が可能になった.また,同一試料を用いた世界的な方法内比較のプロジェクトも行われた.ESR年代測定法の問題点は徐々に解決に向かいつつあり,今後は第四紀の年代測定法としてより有効なものとなることが期待される.

Electron spin resonance (ESR) dating is based on the measurement of microwave absorption by trapped electrons or holes, which increases over time in solids. The method is applicable to a wide range of materials and has great potential for Quaternary dating; however, there are still problems in evaluating past radiation dose (<i>D</i><sub>E</sub>) and external dose rate (<i>D</i><sub>ex</sub>) and in the normalization of the procedures. In the last few years, efforts of solving these problems have been made; appropriate techniques for estimating <i>D</i><sub>E</sub> and <i>D</i><sub>ex</sub> were proposed, minimum requirements for publishing ESR ages were suggested, and the second interlaboratory comparison project was carried out. It is hoped that the proposed techniques and requirements will be widely used and that ESR dating will contribute to Quaternary geochronology.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 34(3), 239-248, 1995-08-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  53件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002633085
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3624184
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ