第四紀試料放射年代測定の高精度化の現状と年代値の解釈 Recent Progress in Accuracy and Precision of Radiometric Dating for Quaternary Samples and Understanding of Their Dates

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

第四紀試料の放射年代測定法の高精度化の現状を,正確さ(accuracy)と精度(precision)の点から考察した.<sup>14</sup>C法,カリウム-アルゴン(K-Ar)法,ウラン系列法では,高性能の測定器が開発され,"精度"が著しく上がった.これらの方法では,測定法の原理に関係する"正確さ"の問題も十分に吟味が進んでいる.フィッション・トラック(FT)法では第四紀のジルコンの標準試料が,熱ルミネッセンス(TL)法と電子スピン共鳴(ESR)法では年間線量の正確な見積りが,"正確さ"の向上のために要求されている.火山岩のウラン系列年代測定では,高性能の質量分析計(Thermal Ionization Mass Spectrometer, TIMS)の導入により,マグマ活動のタイムスケールの詳細な議論ができるようになることが期待される.<br>放射年代測定によって得られた年代値には,放射性元素の壊変現象にともない必ず誤差がついている.誤差のついた年代値の取り扱い方を考察した.

Recent advances in accuracy and precision of the radiometric dating methods such as <sup>14</sup>C, K-Ar, Uranium series, Fission Track (FT), Thermoluminescence (TL), and Electron Spin Resonance (ESR) for Quaternary samples are evaluated. For use in <sup>14</sup>C, K-Ar, and U series dating, new equipment (AMS, TIMS etc.) has been developed recently, and the precision of the dates given by these methods has been greatly improved. Preparation of standard samples of Quaternary zircon is expected for accurate FT dating. Precise estimation of annual doses for the TL and ESR dating are urgently required for accurate dating. Uranium series dating for volcanic rocks is expected to serve as a time indicator for the magmatic process.<br>Evaluation of age with error obtained by radiometric dating is also discussed.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 34(3), 265-270, 1995-08-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002633181
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3624187
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ