第四紀の黒曜石・テフラ中水和ガラスを用いた ITP-FT年代測定に関する基礎実験 A Study of ITP-FT Dating Using Quaternary Obsidian and Glass Shards from Tephra

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

黒曜石やテフラ中の水和ガラス片に生成したフィッション・トラックは,常温下でも自発トラックが少しずつ短縮するフェーディングを受ける.フェーディングを受けた試料を用いて年代測定をすると,実際より若いみかけの年代値が求まることになる.このフェーディング効果を補正し,本来の生成年代を測定する方法にITP-FT(Isothermal Plateau Fission Track)法(Westgate,1989)がある.これは,一定温度で一定時間の加熱処理を行ない,平均トラック長径の一致をもってプラトーの認定を行なって年代を求める方法である.われわれは,このITP-FT法を日本のテフラの年代測定に適用することを目的に,165℃で黒曜石・テフラ中水和ガラス試料を用いた加熱処理実験を行なった.この実験は,1.プラトーへの到達時間と安定度,2.加熱時間の増加にともなうトラック密度と平均トラック長径の変化を明らかにすることを目的とする.実験では,自発トラック計数用と誘発トラック計数用の2つの試料を用意し,加熱時間の変化にともなうトラック密度と平均トラック長径の変化を観察した.この結果,165℃で5日間以上の加熱処理を行なうと,安定したプラトーになることが明らかになった.さらに,自発トラック/誘発トラック密度比が一定になるプラトー相より,自発トラックと誘発トラックの平均トラック長径の一致より導かれるプラトー相の方が,より限定性の大きいプラトーであることがわかった.以上の結果より,165℃の加熱処理を行なってITP-FT年代を求める場合には,5~10日以上の加熱処理を行ない,平均トラック長径の一致をもってプラトー到達の判定を行なうのが適切である.

Isothermal Plateau Fission Track (ITP-FT) method was applied to samples of obsidians and glass shards from tephra-layers. This method uses one-step pre-annealing, which is combined with size-correction and plateau-correction techniques. An age is determined at a plateau phase. Plateau phases usually occur when induced and spontaneous mean track diameters are coincident, or when induced and spontaneous track density ratios are constant. In the ITP-FT method, plateau phases are determined based only on the coincidence of induced and spontaneous mean track diameters.<br>To improve on the ITP-FT method, it is necessary to estimate the reliability of plateaus obtained from the track diameter method by examining density ratios. In this study, 165°C annealing was carried out in order to reduce annealing time and categorize the relation between a track size coincidence "plateau" and a spontaneous/induced density ratio's constant "plateau". The results indicate that the plateau phase determined by the coincidence of induced and spontaneous mean track diameters appears after the plateau phase determined by track density ratios. These co-plateau phases are appear after 5 days of annealing. As the result of this experiment, it is concluded that the coincidence of mean track diameters defines a more prominent and strict plateau phase than the track density ratio.<br>Based on the above results, it is suggested that 5 to 10 days annealing at 165°C is adequate to produce plateau stability and mean track diameter coincidence and is the most suitable condition when the ITP-FT method is applied.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 34(4), 279-288, 1995-10-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002633207
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3924630
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ