中海における過去8,000年間の有機炭素埋積速度 -Carbon Sinkとしての汽水域堆積物- Organic Carbon Accumulation Rate During the Last 8,000 Years in Lake Nakaumi, Southwest Japan : Coastal Lagoon Sediments as Carbon Sink

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本の代表的汽水域である中海において,過去約8,000年間の有機炭素埋積速度を復元し,carbon sinkとしての汽水域堆積物の役割について検討した.数百年の解像度で変化をとらえるため,20mの泥質堆積物柱状試料から約1m間隔で貝試料を採取し,ベンゼン-液体シンチレーション法とタンデトロン加速器質量分析法で15試料の<sup>14</sup>C年代を測定して堆積速度変化を求め,有機炭素埋積速度を算出した.<br>有機炭素埋積速度は,7,000~7,500cal yrs BP (calendar age)の温暖な時期に20~25gm<sup>-2</sup>yr<sup>-1</sup>と大きく,2,500~3,000cal yrs BPの寒冷な時期に11gm<sup>-2</sup>yr<sup>-1</sup>と小さかった.このことは,中海汽水域堆積物が温暖化に対して負のフィードバックとして働いたことを示唆する.温暖期には陸源有機物が多くもたらされ,同時に供給された栄養塩は基礎生産も増加させたものと考えられる.中海泥質堆積物を世界の平均的な汽水域泥質堆積物と仮定して,得られた有機炭素埋積速度に世界の主要な汽水域の面積(320,000km<sup>2</sup>)を掛けると,全汽水域のglobal carbon sinkとしての潜在能力は0.01GtC yr<sup>-1</sup>程度と見積られる.汽水域堆積物は完新世の間,carbon sinkとして無視できない働きをしてきたものと考えられる.

The organic carbon (C<sub>org</sub>.) accumulation rate and its relation to climate change during the last 8, 000 years as recorded in the sediment core from the semi-closed coastal lagoon Lake Nakaumi were reconstructed. High-resolution downcore profiles of <sup>14</sup>C by fifteen shells enabled us to conclude that the C<sub>org</sub>. accumulation rate in a warming climate (7, 000-7, 500cal yrs BP; Calendar age) was about two times higher than that in a cooling climate (2, 500-3, 000cal yrs BP). The coastal lagoon could provide a small negative feedback on global warming and an effective small sink (ca. 0.01 GtC yr<sup>-1</sup>) for atmospheric CO<sub>2</sub>.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 35(2), 113-124, 1996-05-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002633636
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    3984473
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ