1995年兵庫県南部地震による阪神地域の被害と伏在断層との関係 Damage Caused by the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake and Concealed Faults in the Hanshin Area, Hyogo Pref., Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1995年兵庫県南部地震による被害は,六甲山地と大阪湾に挾まれた平地の中の帯状の地帯で,特に著しい.この被害集中地帯は,低層建物の被害率が急に大きくなる境界に挾まれている.また,この境界が直線的に分布するなどの特徴がある.このような被害分布に関する地下地質構造について,反射法弾性波探査および重力探査を実施し検討した.反射法弾性波探査の結果から,平地に断層が伏在することが明らかになった.また重力探査の結果から,基盤の大きな落差が平地に分布し,その一部が伏在断層となっていると推定できる.この平地の中の基盤の大きな落差の位置は,被害集中地帯の北側の境界と一致する.そして,その一部は,菊池(1995b)による震源域の推定位置とほぼ一致する.被害分布には,地層の不連続面である断層破砕帯などが震動の伝播に大きく影響した可能性がある.一方,伏在断層によって,地質構造が平坦でなく不整形をなし,震動が集中した可能性がある.さらに,海側に厚い堆積層の分布をもたらし,震動が増幅するなど,震動の分布に密接に関係したことが考えられる.これらのことから,基盤の大きな落差を伴う伏在断層の存在が,今回の被害に密接に関係していると推定できる.

The severest damage caused by 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake occurred within a narrow zone in the coastal plain between the Rokko mountains and Osaka Bay, from Kobe City to Nishinomiya City. The distribution map of the damage rate of houses indicates that the boundaries in which the damage rates change sharply lie on a straight line or segment.<br>Seismic and gravity measurements were conducted to reveal the subsurface geological structure of this coastal plain. Seismic reflection surveys were carried out along two survey lines across the zone. The gravity measurements were made at 1, 824 points, most of which have a short interval of about 25m along observation lines. The following conclusions were derived from this study.<br>(1) The seismic profiles show concealed faults below the shallow subsurface deposits in the coastal plain.<br>(2) Remarkably steep gradients of Bouguer anomalies are distributed along the boundary of the Rokko mountains and the plain.<br>(3) Estimation of the gravity structure shows that the basement dips steeply toward Osaka Bay, and that the largest step with concealed faults exists in the coastal plain.<br>The distribution of the damage rate of houses is consistent with the location of the concealed faults. In particular, the northern boundary of the severely damaged zone is situated nearly on the largest step of the basement structure. Therefore, it is concluded that the subsurface geology with concealed faults caused the seismic disaster in the coastal plain.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 35(3), 165-178, 1996-07-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002633734
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4019528
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ