更新統産ハリゲヤキ属(ニレ科)の花粉形態 Fossil Pollen Mophology of Hemiptelea (Ulmaceae) Obtained from Pleistocene Deposits

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現生ハリゲヤキ属の花粉形態は,彫紋が円頭疣状紋で,ニレ属-ケヤキ属がしわ状紋ないし網状紋である.したがって,ハリゲヤキ属はニレ属-ケヤキ属とは区別できる.上部更新統古谷泥層および中部更新統御殿峠礫層上部から記録された,円頭状疣状紋を呈するcf.<i>Ulmus-Zelkova</i>花粉化石は,現生花粉との比較に基づき,ハリゲヤキ属に同定された.

The pollen morphology of extant <i>Hemiptelea</i> was compared with that of <i>Zelkova</i> and <i>Ulmus</i>.<br>The comparison indicated that the <i>Hemiptelea</i> pollen is verrucate, but <i>Ulmus</i> and <i>Zelkova</i> pollen are rugulate or reticulate. As a result, fossil pollen of cf. <i>Ulmus-Zelkova</i> obtained from the Furuya Mud Bed and the upper part of the Gotentoge Gravel Bed, middle to late Pleistocene, were identified as <i>Hemiptelea</i> belonging based on comparison with the extant pollen morphology.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 35(4), 333-338, 1996-10-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002634142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4076528
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ