中部日本における中期更新世の指標テフラ Middle Pleistcene Marker-tephras in Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近年,関東甲信越一帯の多くの露頭で,中期更新世の指標テフラである"大町APmテフラ群ならびにAPmテフラに類似した層相を示すテフラ群"が識別されるようになってきた.いずれも北アルプスの焼岳周辺が給源と推定されており,石英・黒雲母・斜長石・角閃石・鉄鉱物・ジルコンを斑晶鉱物として含むテフラである.これらのテフラの対比をおこなうことは,中部地方とその周辺地域の古環境,火山活動史や構造・地形発達史などを解明する上で重要である.<br>本稿では,"大町APmテフラ群ならびにAPmテフラに類似した層相を示すテフラ群"の層序的位置関係を検討し,これらのテフラを含む各地の中部更新統の対比について論じる.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 35(4), 339-345, 1996-10-31 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  58件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002634156
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4076529
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ