三重県多度町の鮮新・更新統東海層群より産出した寒冷型甲虫化石 Fossils of Cold-adapted Beetles Obtained from the Plio-Pleistocene Tokai Group in Tado-cho, Mie Prefecture, Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

三重県桑名郡多度町に分布する鮮新・更新統東海層群の嘉例川火山灰層直上の泥炭質シルト層中より,計143点の甲虫化石が発見された.<br>嘉例川火山灰層は,約160万年前の鮮新世と更新世の境界付近に堆積しており,東海地方はもとより近畿地方では大阪層群の福田火山灰層,古琵琶湖層群の五軒茶屋火山灰層,および上越地方では魚沼層群中の辻又川火山灰層などに対比される広域火山灰層として知られる.<br>本層準より発見された甲虫化石には,<i>Ilybius</i> cf. <i>poppiusi</i>(クロヒメゲンゴロウ近似種),<i>Plateumaris constricticollis constricticollis</i>(エゾオオミズクサハムシ),<i>Plateumaris</i> cf. <i>hirashimai</i>(ヒラシマミズクサハムシ近似種)など,亜寒帯ないし冷温帯性の甲虫化石が含有される.<br>鮮新世と更新世の境界付近の地層から寒冷型の甲虫化石が多産したことにより,この地層は寒冷期の冷涼な気候のもとで堆積したものと考えられる.

Many beetle fossils are found in the peaty silt layer above the Karegawa volcanic ash layer of the Plio-Pleistocene Tokai Group in Tado-cho, Kuwana-gun, Mie Prefecture, Central Japan.<br>These beetle fossils, mostly belonging to the Donaciinae and Carabidae, include subarctic and cool temperate beetles, such as <i>Ilybius</i> cf. <i>poppiusi, Plateumaris constricticollis constricticollis</i> and <i>Plateumaris</i> cf. <i>birasbimai</i>.<br>This suggests that the peaty silt layer containing these beetle fossils was deposited during the cold period and that the climate of that time was colder than that in the present.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 35(5), 373-381, 1996-12-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002634275
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4122145
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ