琵琶湖湖底堆積物, 過去145,000年間の粗粒石英の堆積量変化 Fluvial Quartz Flux to Lake Biwa of Central Japan over the Past 145,000 Years

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

琵琶湖の湖底堆積物に含まれる石英の粒度分析,酸素同位体比測定,走査型電子顕微鏡観察を行い,20μm以上の粗粒石英は琵琶湖周辺地域から河川によって運搬されたものであることを明らかにした.琵琶湖の過去145,000年間の粗粒石英堆積量の変化は,数回の増減を繰り返している.2.00g/cm<sup>2</sup>・10<sup>3</sup>yrより高い値を示す4つの時期と,低い値を示す5つの時期である.高い値の時期のうち,その3つは約128,000~78,000年BPの間にあり,それぞれ約122,000,101,000,82,000年BPにピークを有する.ほかの1つは約48,000~26,000年BPにある.深海底堆積物の酸素同位体比層序との関連から見ると,粗粒石英堆積量の増加する時期は,ステージ5のサブステージ5e,5c,5a,およびステージ3にそれぞれ対比できる.一方,減少する時期はステージ6,ステージ4,ステージ2とよい対応を示す.この粗粒石英堆積量の変化は,琵琶湖周辺地域における降水量の変化と密接に関連すると考えられることから,増加する時期には降水量の増加,逆に減少する時期には降水量の減少が推定できる.なお,ステージ1に当たる時期に,粗粒石英の堆積量があまり増加していない原因は,完新世に相当するこの層が不安定な堆積様式を示すなど,いくつかの原因があると思われる.これについては今後の課題として再検討する必要がある.

Studies on sedimentary fluxes of quartz grains carried into Lake Biwa, central Japan by the streams and rivers from the surrounding catchments of the lake show that fluvial quartz flux (FQF, g/cm<sup>2</sup>·10<sup>3</sup>yr) offers direct information on variations of paleoprecipitation in the lake area. Lake Biwa sediments spanning the last ca. 145, 000 years are characterized generally by four main intervals when the FQF values were significantly greater than 2.00 g/cm<sup>2</sup>·10<sup>3</sup>yr, and five main periods during which FQF values were lower. Three of the peaks with FQF values >2.00g/cm<sup>2</sup>·10<sup>3</sup>yr occur from ca. 128, 000 to 78, 000yrs BP, and culminated at ca. 122, 000, 101, 000, and 82, 000yrs BP. Another one comprising three narrow peaks concentrated between ca. 48, 000 and 26, 000yrs BP. This interval of triple peaks displays much higher FQF values than during either the preceding or subsequent episodes. The data imply that paleoprecipitation in the lake area was greater during the intervals with high FQF values, which coincide with marine oxygen isotope substages 5e, 5c, and 5a, and stage 3, and was relatively less during isotope stages 6, 4, and 2.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 36(1), 17-27, 1997-02-28 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002634363
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4159550
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ